ママ友いないまま保育園に入園したときにわかったこと。焦る必要はないですぞ!

こんにちは、まゆみです。

ママ友とか面倒くさいな~。

ママ友と仲良くならないいけないのかな?

仲良くなれなかったらどうしよう?

こう思っている新入園児ママのあなた!

いよいよ入園ですね。

私はママ友をあんまり作らないまま保育園に入園して、卒園したのでぼっちママ日本代表です。(自称)

というわけで、

今回はママ友がにないまま入園した私が当時思っていたことや卒園してわかったことについて語っていきます。

そもそも保育園も幼稚園を利用する目的は子供のため

まず大前提として、保育園も幼稚園もママ友を作る場所ではないです。

子供が育っていく場所です。

なので、子供の人間関係に心配するべきではありますが、ママ友などの人間関係に不安になる必要はありません。

 

で、す、が、

 

やっぱりちょっと不安になりますよね。

保育園に入園してから卒園するまで

結論から申し上げると、卒園のときにママ友についての悩みはなくなっていました。

「あんまり不安になる必要はなかったな」って感じです。

ですが、どういう過程でそう思えるようになっていったのかが気になるところですよね。

語っていきます。

入園式当日「誰とも話せなかった…。」

入園式当時は初っ端からは変に目立つと嫌だな~と思いながら、目立たないように出席しました。

で、それは他のママさんたちも同じようでした。

「入園式でもキャッキャしているママ集団っているのかな~?」と、少し不安になっていましたが、あんまりそういう人はいなかったです。

私はほぼ誰とも話さなかったのですが、まぁ皆さん忙しくてみんな誰とも話していない感じでしたね。

なので、以外にも疎外感を抱くということは無かったですね。

あと、パパがいたのが大きかったですね!

結局、
入園式ではどんなママがいるのかもわからないまま終わりました。

保護者会「自己紹介か、、よ。」

入園した数日後に行われるのが「保護者会」です。

これは小学校のときもありましたが、何より一人目の保育園での保護者会は結構緊張しましたね。

保護者会に行くこと自体にはそこまで緊張しませんでしたが、「自己紹介をしましょう」と言われた時は心の準備ができておらず緊張しました。

うわぁ!マジカヨ!自己紹介か!

え、っとなんて言おう。

こんな感じであたふたしてましたね。

 

ですが、一番初めではなかったので、他の方が言っていた箇所をパクって語りましたね。

誰の母親か。

仕事をしているかどうか。

何人目かどうか。

 

 

あと自己紹介のときに重要なのは声のボリュームです。

ハキハキした大きな声で自己紹介すれば「お、この人自信なるのかな?」って思われます。

これは自己紹介以外でも重要なことです。

そのことについては以下の記事で語りました。

自信が無い人ほど大きな声でハキハキ話そう!(これは根性論ではありません。)

子供の友人関係にママ友は関係する?

これは私は入園したときには結構心配していたことでした。

「ママ友とそこまで仲の良い関係じゃないけど、息子はうまくやれているのかなぁ?」と、一人で勝手に不安になっていましたね。

ですが、

別になんの問題もございませんでした。笑

息子は同じ組の中ではそこまで目立つ方ではないそうですが、結構友達も多いそうです。

まぁ、子どもたちからしたらママ友の関係は友情となんの関係もないですよね。

子供に友人ができればママさんたちと話すようになる。

最初の最初は「なんて話せば良いかな~?」と話しかけるのが不安になっていましたが、

ほぼ毎日一緒にすごしている子どもたち同士は勝手に仲良くなってくれるので、その親達も子供の話で盛り上がります。

そしたら結構おもしろかったりして、「あのときの悩みはなんのためにあったんだ~」と、思えるようになりましたね。

 

ちなみに変なママ友がいなかったかというと嘘になります。

そのあたりは詳しくはメールマガジンの方で語っていますので、まだ登録していない方はぜひぜひご登録をお願いします。

メルマガ登録はこちら

 

卒園の日に思ったこと

案外さっぱりとした人間関係だったね

 

 

 

 

結論;案外サラッとしてる。

結構ネット上ではママ友との関係について不安になってしまうような記事やつぶやきなどがたくさんありますよね。(まぁこの記事もネット上ではありますね。笑)

ですが、

現実は結構普通な感じです。

ですので、
過剰に不安にならず、短い保育園生活を楽しんでください。

 

もちろん、ママ友にも例外的に変な人はいる可能性は十分にあります。

ですので、そんなときの対策として記事書きました。

気の合わない人とはあまり関わらないようにすべきなのはわかっているんだけど、その度合いが難しいんだよな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です